健康

ミネラルウォーターは料理に使っても良い?

水が世界の代表料理を生み出したといえます。
水道水は塩素によってビタミンなどの成分が破壊されてしまいます。
ミネラルウォーターで本物の味を味わってみましょう。

水というのは料理を生み出したものといってもいいでしょう。
例えば日本は軟水が豊富です。
そのためふっくらしたご飯や美味しい出汁、優しい味の煮物などに最適であり、日本料理を作ったともいえます。
こちらにNASAでも採用されている技術を採用したピュアでミネラルバランスに優れた軟水というものが紹介されていますので良かったらご覧ください。

一方、ヨーロッパなどにおいては硬水の割合が高かったためもあり、パスタをアルデンテに茹でるとこや、
灰汁をとりたい煮込み料理などといった西洋料理に生かされています。

ちなみに、中国やスペインなどは中硬水の割合が多かったためか、ご飯がパラパラとしても美味しいチャーハンやパエリアなどが生まれています。
どの国も美味しいものを求め、自国の水から生まれた料理がその国の代表料理といっていいほどに、
水と料理の関係は密接なのです。

では、そのまま水道水から水を使っても問題がないのかといえば、そういうわけでもありません。
残念ながら水道水は安全に飲むためにいろいろな処理をされていく過程において、水の中に含まれているミネラルのビタミンなどを破壊してしまいます。

そこで活用したいのがミネラルウォーターなのです。
ミネラルウォーターは成分が加えられたもの、自然の地下からの水をそのまま詰めたものといろいろありますが、本来の水としてのミネラル成分が入っており、
それが料理の本当の味わいを引き出します。

高級料亭などでは天然のミネラルウォーターを使うのは当たり前で、料理によって水の使い分けまでしています。
さすがに一般家庭にそこまで求めるのは、ミネラルウォーターがいくらあっても足りないので、
ご飯を炊く時や飲み物などに使われているようです。
軟水のミネラルウォーターでご飯を研ぎ、炊き上げると米の細胞が破壊されることなく、ふっくらと粘り気のあるご飯が出来上がります。
水道水ですと、塩素によって一部のビタミンが破壊されてしまうので、味が落ちてしまいます。

勿論、美味しい出汁を摂った味噌汁なども柔らかく優しい味にあるので使いたいものです。
パスタを茹でる時は硬水を使うなどして主食だけでもミネラルウォーターを使った食生活はいかがでしょうか。
人間や動物・植物と水との関係についてかいてあるサイトがありますので参考にしてください。