健康

ミネラルウォーターで老化防止できる?

年をとると体内の水分が50%ほどになります。
ミネラルウォーターの中に成分が身体に働きかけてくれます。
ミネラルウォーターを飲むことで身体の新陳代謝は高まります。

年をとると体内の水分が減少します。
60%~70%をあった水分が50%ほどになってしまいます。
当然、肌の潤いもなくなって身体の中の循環も悪くなってしまいます。
そんな時によいとされているのがミネラルウォーターです。
美味しい水の選び方はこちらをご覧ください。

もっとも老化は遺伝子によって決められていることですので、水分含有量が増えるなどということはありません。
しかしミネラルウォーターの中に入っている様々な成分が身体に働きかけてくれます。
ミネラルウォーターの中に入っているミネラルの内のカルシウムは、骨や歯の形成は勿論、細胞に入り込み、
心臓の筋力なども支えるというとても大切な役目を持っています。

またマグネシウムは酵素を活性化させ、細胞内の塩分濃度を調節して血圧を正常に保つ働きをしながら、
筋力の補佐をするのにかかせません。
そしてカリウムにいたっては細胞の生命力とも呼ばれている成分で、若々しく生きていくために必要不可欠と言われており、神経痛や筋肉の衰えの防止などに つながっているといわれています。
これらを豊富に含んでいるのがミネラルウォーターです。

またミネラルウォーターを飲むことによって身体の新陳代謝は高まり、肌のハリや基礎代謝などがよくなり、
血液は循環されて、老廃物は排出されます。
また毎日ミネラルウォーターを飲むということを続けていると水の硬度にも慣れて行きます。

ミネラル類を多く含んでいるのは硬水です。
しかし硬水は硬度のために弱っている胃腸を傷めつけることになってしまいます。
老化が始まったからといって胃腸が弱るわけではありませんが、若い頃ほどの丈夫さもないのも確かです。
しかも日本人は軟水で育ったといってもいい民族です。

いきなり硬水を試すようなことはせずに、まずは軟水の中でも硬度の高いものを選び、次に中硬水と少しずつ慣らしていきましょう。
自分に合ったミネラルウォーターを見つけて飲み続けることが、健康と老化予防につながることでしょう。
ミネラルウォーターで得られる効果はこちらにたくさん載っています。