健康

ミネラルウォーターと浄水器の水の違い

浄水器の水は、日本の場合そのまま飲める水道水から塩素の残りやカルキの匂いを除いた状態のものです。
ミネラルウォーターは、地下水の原水がもとになり、ミネラルが含まれています。

時折、ミネラルウォーターと浄水器の水はどちらがいいの?といったような疑問を持つ方もいるかと思われます。
今でこそ浄水器が普及し、もともと設置されているキッチンも珍しくありませんし、
浄水器を通して水が出てくる際もかなり円滑になってきましたが、 以前の浄水器はゆっくりとしか水が出てこないことも珍しくありませんでした。

また、ミネラルウォーターも今やコンビニエンスストア、スーパーと多くの店舗で購入できるようになりましたし、ミネラルウォーターの種類も複数から選べるようになりましたが、
昔の日本では、お水は水道のもの、という考え方が一般的でした。

日本の水は安全で、そのまま飲めます。
一方で地域によりましては、カルキの匂いが気になる、といった場合もあったようです。

浄水器ですが、これは、水道水の塩素の残りやカルキの匂いを取り除く役割を果たしています。
つまり、飲める状態で水道の蛇口まで届いている水から、更に飲みにくくなる要素を取り除いた状態のものが、浄水器の水です。
水道の水と、浄水器の水と比べて飲んでみますと、多くの方がお気づきになるかと思いますが、浄水器の水は飲みやすくなっています。

ミネラルウォーターですが、こちらは地下の原水を使った飲み水です。
ミネラルウォーターでも、殺菌の他に更に浄水したものなどとの違いはありますが、地下の原水、という点は同じです。
ミネラルウォーターの大半には、ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、カリウムなどの成分が含まれています。

浄水器の水は、自宅に設置後はそのまま浄水器を通して水が出てきます。
ただし、カートリッジの交換を行わないと衛生面でも問題はあります。

ミネラルウォーターは、含まれている成分から、健康や美容などにおいての効果が期待できます。
この含まれている成分は、健康にもとても良いのですが、赤ちゃんやお年寄りなどの体の弱い方によりましては、向いていない水もあります。
そのため、飲む側のニーズや健康状態に合せてミネラルウォーターを選ぶ必要があります。
こちらには湧水とミネラルウォーターのちがいがかいてあります。