健康

ミネラルウォーターで下痢になる?

ミネラルウォーターはその硬度の値によって軟水と硬水に分かれます。
軟水で生活してきた日本人は硬水を飲むと下痢をしてしまうことがあります。

ミネラルウォーターはその硬度の値によって「軟水」と「硬水」に分かれます。
ちなみに日本は軟水の国といってもいいほどに水道水も軟水、ミネラルウォーターも軟水で、
硬水は特別な目的があって買うぐらいしか飲むこともありません。
以前、軟水と硬水の違いが分からないままにミネラルウォーターを買った人が、
硬度の高すぎる水を知らずに飲んで、あまりのエグみに 「腐っている水」と吐いたという報告があるほどに、
硬水は馴染みが薄いのです。

ですが、今では目的のある人が理由をもって硬水のミネラルウォーターを求めるようになっています。
その目的の多くはダイエットや美容、健康などです。

元々、日本は硬水があまりないために硬水のミネラルウォーターのほとんどが外国産といってもよく、
モデルや海外のトップスターやアスリートの真似をして、 硬水を飲むようになりました。

実際、軟水とは比べ物にならないほどのミネラル成分の含有量は、身体の代謝を高めて、
機能を助け、血行を身体の中に循環させ、老廃物を追い出してくれます。
またミネラルのなかのひとつであるマグネシウムには排便効果もあり、
便秘に悩む人も硬水を飲むようになりました。

ところが、日本人は今まで軟水に慣れてきていたために、硬水によって胃腸を傷めつけられてしまうことがあります。
ひどい下痢になってしまうのです。
海外で生水を飲んではいけない、生水にあたってしまうという原因の多くは、現地の水の硬度が合わないことによって起こるのです。
勿論、国によっては他に理由があるところもないとは言えませんが、いくら高級な所で食事をしても、
水に合わなければせっかくの旅行も台無しです。

日本においても硬水を買って飲んだら下痢が止まらないという報告があります。
すぐに順応する人もいるようですが、下痢をするかもしれないという危険な賭けはしないで、水のラベルを見て硬度を少しずつ上げていけばいいでしょう。
自分に合うミネラルウォーターを探す良い機会なのではないでしょうか。
ウォーターサーバーとミネラルウォーターの違いについても参考にご覧ください。