健康

ミネラルウォーターの味と硬度

ミネラルウォーターは、カルシウムとマグネシウムの量により、硬度が決まります。
日本人が飲みやすいとされているミネラルウォーターは軟水のため硬度が高くなるにつれ飲みにくい傾向にありますが、バランスにより飲みやすいものもあります。

ミネラルウォーターに含まれています代表的な成分は、カルシウム、カリウム、ナトリウム、マグネシウムで、この他にサルフェートやバナジウムが含まれている
ミネラルウォーターもあり、この成分により、味や飲みやすさ、健康のため、便秘解消、美容のためといった目的別の選び方が決まってきます。

ミネラルウォーターには、硬度というものがあり、これはミネラルウォーターに含まれているカルシウムとマグネシウムの量により決められています。
カルシウムとマグネシウムの量から計算したもので出される硬度は、0から60が軟水、60から120未満がやや軟水、120から180が硬水、180以上が非常な硬水というふうに 分けられています。

一般的にいいますと、よくスーパーなどで見掛けます、南アルプスや六甲といった地名の入っている日本のミネラルウォーターは、硬度が30ほどで、軟水に入ります。
一方で、コントレックス、クールマイヨールといった海外のミネラルウォーターは、
1600台、1400台と非常な硬水になっています。
硬水は一般的にダイエットや美容を考えている方に選ばれる傾向にあります。

飲みやすさ、味についてですが、これは好みの問題もあり、普段、日本の軟水に慣れている日本人は、
軟水を飲みやすい、と感じます。
一方で、硬水に慣れ、その味を好む人は、硬水をおいしいと捉えます。

カルシウムが多く含まれているミネラルウォーターは、重いと感じる、入っていきにくいと感じる傾向にあり、マグネシウムが多く含まれているミネラルウォーターは、 飲んだ後に若干苦みを感じる傾向にあり、
カリウム、ナトリウムが多く含まれているミネラルウォーターは塩気を感じる傾向にあります。

しかし、これらはミネラルウォーターのバランスにより、多く含まれていても気にならない場合もありますし、美味しさを感じることも勿論あります。
硬水であっても、後味がすっきりとしているものや、飲みやすい、と感じられるミネラルウォーターもあります。
こちらに1日に必要な水の量がかいてありますのでご覧ください。